壊れたパソコン処分方法

ダンボール箱に入れるだけで、今すぐ完全無料で処分出来ます。データ消去もしてくれます!
↓こちらが完全無料回収費0円でパソコン回収してくれる会社です!

送料・処分費など完全無料のパソコン回収


古いPCや壊れたPCにお金をかけない完全無料の0円でパソコン回収してもらう方法、完全無料の0円で処分できます。

スポンサー リンク

壊れたパソコン処分無料引き取り方法

壊れたパソコン処分無料引き取り方法とパソコン捨て方の紹介
壊れたパソコンを処分する方法。
壊れたパソコンを回収・処分してもらうには?

デスクトップパソコン

古いPCや壊れたパソコンを処分したり廃棄する際の、パソコン捨て方の注意点や処分方法を紹介します。

パソコンやディスプレイモニターは、平成15年10月から「資源有効利用促進法」によりメーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられました。

 

リサイクルの対象は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、液晶と本体の一体型パソコンなどですが、自治体に不燃物・粗大ゴミとして出すことは出来ません。
プリンターやキーボード、マウスなど周辺機器は対象にはならないため、自治体などで不燃物・粗大ゴミとして出すことも出来ますが、各自治体により対応は異なります。

壊れたパソコンを急いで処分したい方

送料・処分費など完全無料のパソコン回収

 

 

壊れたパソコンの捨て方や処分方法には、いくつか方法がありますが、注意したいのはデータの取り扱いです。パソコンにはハードディスクが内蔵されており、大切なデータが入っています。

 

パソコンが壊れて起動しないとか、初期化したなどの場合でもハードディスクのデータがは完全に消えているというわけではありません。特殊な方法を使えば読み取ることは可能らしいのです。

 

重要なデータなどを保存していたパソコンを処分する場合は、特にハードディスクに気を付けたほうが良いと思います。

 

スポンサー リンク

 

PCメーカーによる回収方法

パソコンをメーカーに回収処分してもらう方法。

PCリサイクルマーク

PCリサイクル法に基づきパソコンメーカーが回収します。

PCリサイクルマークが付いている場合は無料です。

 

PCリサイクルマークが付いていないパソコン(平成15年10月以前に発売されたパソコン)は、有料になります。

 

データ消去は 自分で行うことになります。
また自作のパソコンや日本から撤退したメーカーなども回収先が設けられています。

 排出されるパソコン  価格(税抜き)
 ノートパソコン本体

 デスクトップパソコン本体
 液晶ディスプレイ/液晶一体型パソコン

 3,000円
 ブラウン管(CRT)ディスプレイ/CRT一体型パソコン  4,000円

 

スポンサー リンク

 

 

メーカーによる処分・回収は、指定された方法に従ってください。
所有しているパソコンのメーカーによって処分方法は異なってきます。メーカーごとに問い合わせ窓口が用意されていますので連絡して確認してください。
PC3R 一般社団法人 パソコン3R推進協会

 

平成15年10月以降に販売された家庭向けパソコンにはPCリサイクルマークが貼付されています。
このマークが付いているパソコンの場合は廃棄の際に新たな料金がかかることはありませんが、送料などは自己負担となります。

 

自分でハードディスクを取り出し保管する

ハードディスク

ほとんどのメーカーは、ハードディスクを取り外した上での廃棄・回収を認めていますが、メーカーで廃棄をする場合は、ハードディスクを取り出してもいいかどうか確認はしたほうがいいと思います。

ハードディスクを取り出してもいいという場合は、壊れたパソコンからハードディスクを取り出し自分で保管しておくという方法もあります。

 

パソコンに詳しい方であれば、取り出したハードディスクにデータが入っていればバックアップ用のハードディスクとしても使用できますし、再フォーマットして予備のハードディスクとして使う事も出来ます。

 

取り出したハードディスクを物理的に破壊する
破壊したハードディスクは、不燃物・資源ごみとして出せる場合もありますが自治体により対応が異なりますので、自治体のホームページなどで確認してください。

 

自分でデータ消去を行う
ハードディスクを取り出すのは面倒という場合ですが、パソコンの電源が入りドライブが動作する場合なら、フリーのデータ消去ソフト、物理フォーマットツールを使用してハードディスクのデータ消去をすることが出来ます。

 

ハードディスクの物理フォーマットは回収・処分会社・メーカーに任せる
パソコンを回収・処分する会社によっては、回収・処分とあわせてデータ消去・証明書発行までサービスで行ってくれるところもあります。また一部のメーカーは回収してデータ消去もしてくれるところもありますので、メーカーに任せてみてはいかがでしょう。

 

 

 

まとめ

    パソコンを処分する場合

  • パソコンやディスプレイモニターは、平成15年10月から「資源有効利用促進法」によりメーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられました。
  • PCリサイクルマークがついていればPCメーカーに回収してもらえる。

 

 

スポンサー リンク

 

【壊れたパソコンの捨て方と無料処分引き取り方法】